Mon. Apr 22nd, 2024
Patrick Makau of Kenya and holder of the world marathon record during a training run on February 8, 2012 in Ngong, Kenya.

Here is the note from this morning’s Yasuji’s Speech!!

Good morning everyone.

Today is October 10th.
57 years ago, today, the day when the Japan Air Self-Defense Force’s 
Blue Impulse drew the five rings that are the symbol of the Olympic Games in the sky of Tokyo.

So, October 10th is very familiar to the Japanese people as “Health-Sports Day” to commemorate the 1964 Tokyo Olympics.

When I was a kid, I remember being excited about the sports day called Undoukai 運動会 at school at this time of year. I loved exercising and was good at it. 
So I was very confident in my physical strength.

However, my self-confidence had turned into “overconfidence” someday.

In retrospect, when I started working, I had an overconfident belief that not exercising for a while wouldn’t weaken me.

Also, after a while, when my work became busy, I made an excuse that was convenient for me, saying, “I can’t exercise because I’m busy with work and I don’t have time.”
I was totally indifferent to keeping my body healthy.

I remember some of the events that inspired me to change my mind about my own health and exercise.

First, when I was working as an exchange pilot in the United States Air Force in my mid-thirties, I was awakened to see the U.S Air Force officers making time and constantly training while they were busy. 
Because, I learned that those who should be leaders in the US Air Force should be able to manage themselves, including health care, and those who are overweight are evaluated as those who do not have the ability to manage the organization.

Also, just over the age of 40, I had the opportunity to work for several months at an airbase in the desert region of Kuwait in the Middle East.
It was very impressive that the following message was written on the wall of the gymnasium. It is the phrase, “Training your body on the battlefield also strengthens your mind.”
I myself realized that it is very important to move my body to relieve stress in the field and keep my mind calm.

However, when I was in my mid-40s and had more work to manage the organization, the devil’s whisper began in my ears.

Suddenly, I noticed that my appearance gradually became ugly, I was out of breath just by climbing the stairs, and I weighed more than 220 pounds.

Luckily, two things have emerged and saved me.

One of them is endurance sports, like trail running and triathlon.

These two sports are not only aerobic exercises, but also sports that allow me to use the muscles of my whole body in a well-balanced manner. And I feel that these two sports are a sport for me that allows me to face myself rather than compete with others, and to continue to challenge myself.
Furthermore, the good thing about these two sports is that anyone can do it and we can continue it even as we grow older.

I am very much looking forward to continuing these sports and enriching my life in the future. And I hope that one day I will be able to stand on the podium alone by age group.

Finally, the second being which saved me is my daughter.

Thanks to my daughter, I want to be a father that I can be proud of, and I want to be a father who doesn’t feel embarrassed.
I am grateful to my beloved daughter who always cares for my health 
casually.

So, let’s try some exercises and stay healthy.

Thanks for your listning. 

日本語のスクリプト

みなさんおはようございます。

今日は10月10日。
今から57年前の今日、東京の空に航空自衛隊のブルーインパルスがオリンピックのシンボルマークである5つの輪を描いた日です。

10月10日は日本国民にとって1964年の東京オリンピックの開催を記念した「体育の日」としてとてもなじみ深いものがあります。

私も子供のころはこの時期になるといつも学校の運動会に心がウキウキしていたのを覚えています。私は運動することがとても好きでしたし得意でした。なので、私は体力にすごく自信がありました。

しかし、その私の自信はいつの日からか「過信」に変わってしまっていたのです。

今になって思い返せば、私が働き始めた時期に、しばらくの間運動をしなかったからといって体力は落ちないだろうという自信過剰な思い込みがありました。

また、しばらく月日がたち仕事が忙しくなってくると、今度は”私が運動することが出来ないのは仕事が忙しくて時間がないからだ”と自分に都合の良い言い訳をしていました。
私は自分の身体を健康に保つということに関して全く無関心になっていました。
そんな私が自分自身の健康と運動について考えを改めるきっかけになった出来事がいくつか思い出されます。

先ず、私が30歳代の半ば、アメリカ合衆国空軍において交換幹部パイロットとして勤務している時、米空軍の幹部たちが常に体を鍛えていることに対し目の覚める思いをしました。なぜなら、米空軍においてリーダーとなるべき者は健康管理も含めて自己管理が出来て当然であり、太りすぎていたりする者は組織を管理する能力が無い者と評価されることを知りました。

また、40歳を少し過ぎた時に中東のクウェートの砂漠地帯にある航空基地で数か月間勤務する機会がありました。
その体育館の壁に次のようなメッセージが書かれていたのがとても印象的でした。
それは、”戦場において肉体を鍛えることは心を強くすることにも繋がる”という言葉です。
私自身、現地でのストレス解消や自分の心を平静に保つために身体を動かすことはとても重要であることを実感しました。

しかし、40歳代の半ばとなり組織を管理する仕事が多くなってくると、私の耳元で悪魔のささやきが始まったのです。

ふと気が付くと、私の容姿は少しずつ醜くなり、階段を上るだけで息が切れるような状態になり、体重も100kgを超えるようになってしまっていたのです。

しかしそんな私を救ってくれる二つの存在が現れたのです。

その一つが、エンデュランス系スポーツであるトレイルランニングとトライアスロンです。

この2つのスポーツは有酸素運動が主体であるだけでなく、全身の筋肉をバランスよく使うことができるスポーツです。そして、このスポーツは私にとっては他人と競うというよりも今の自分に向き合うことが出来、そして今の自分にチャレンジし続けることができるスポーツだと感じています。

さらにこの2つのスポーツの良いところは誰にでも出来、私たちが高齢になっても続けることができるスポーツだということです。

私はこれらのスポーツを続けていくことによってこれからの人生がとても豊かになるのではないかととても楽しみにしています。そしていつの日か年代別で一人だけで表彰台に立つことが出来ればよいなと思っています。

最後に、私を救ってくれた2つ目の存在ですが、それは私の娘です。

私は娘がいてくれたおかげで、娘が自慢できる父親になりたい、娘が恥ずかしい思いをしない父親でいたい、という気持ちにさせてくれました。

いつもさり気なく私の健康を気遣ってくれる最愛の娘に感謝です。

ご清聴ありがとうございました。

Avatar photo

By Dylan

How can I help you?

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x