Thu. Jul 25th, 2024
Photo by Dylan Monaghan of a road in ColoradoColorado 1992, Photo by Dylan Moanghan

Yesterday we asked if you were a pessimist or an optomist. We learned that most of our audience is indeed optomistic.

Some might say the plan using their pessimistic outlook, and live with an optomistic outlook. A perfect balance and blend.

That being said, our optomistic mind tends to discount the future where we no longer exist. Death is final and is coming for all us. Sooner or later.

This is not a sad moment. To the contrary, this is a celebration of a life well lived.

As Stephen Covey stated in his book, “The Seven Habits of Highly Effective People”, One of the habits to cultivate is to

Begin with the end in mind. (Habit 2)

Stephen Covey

Today, I ask if you have done this.

It turns out people who are genuinely happy and pleased with their life, are often people who consider who might come to their funeral, and what they might say about their life.

Usually, at a funeral people do not discuss the deceased resume. They are not likely to talk about the marks they got in math, or the school that they graduated from or what companies they worked for. In other words, the conversation is not likely to revolve around their “résumé“.

The conversation is more likely to revolve around the connections they built with those people. How they felt. What they did as a person.

Today I ask you to consider the story they will tell about who you are. Not WHAT you do.

WHO you are.

And so today, I ask. “WHO ARE YOU?”

Tell me WHO you are. Without tell me what you do.

As for me? I am a storyteller. Everything I do is connected to stories and how to tell them.

WHAT I do is I sell aircraft components, I run this website, I host rooms on Clubhouse, I publish books. I share podcasts….

The common thread? I am storyteller.

Use the comments below and TELL me WHO you are.

Listen to “Day240 Begin with the End in Mind” on Spreaker.
Avatar photo

By Dylan

How can I help you?

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
Judy
Editor
2 years ago

Judy子の超絶意訳:

本日のお題は『You! あなた』です。と言う事で一緒に考えてみましょう。スティーブン・コヴィーは著書『7つの習慣 成功には原則があった!』の中で「終わりを考えながら始める」と言うを話しています。という事で我々の人生を眺めてみて、果たしてどれほどの人が自分のお葬式に思いを巡らせているでしょうか? 人生の本当の最後に最後…ですけど、ここにいる人たちは前向きな人たちがほとんどですから、我々はそんな事まず全く考えていません。我々は永遠に生き続けてやらなくちゃいけない事を延々と考えているわけです。
でもこの事を少し考えてみるのも良いかもしれません。一生を終えお葬式の時、そこに集まった人々はあなたの履歴、何を成し遂げ、どこの学校に行って、成績がどのくらいでなんて言う履歴書に書くような輝かしい経歴については誰も語っていないのです。 人々はあなたが彼らのために何をしたかを語ったりするわけです。考えてみて下さい、そこには誰が出席しているでしょうか?誰に参加して欲しいですか?そしてその人たちになんと言ってもらいたいですか?
きっとみなさんはそこに集まった人々にあなたは誰かの世話をした誰かのために行動したと覚えていてもらいたいと思っていると思います。どんなプロジェクトをやったとか、どんなソフトウェアを書いたとか営業成績がどうの..ではなく、あなたの人となり、どう言う人だったかが語られるわけです。

自分の人生の最後を考えている人はより満足のいく幸せな人生を送っています。

逆に自分たちにもいずれ死が訪れる事を理解していないと、時間を無駄に何もしないまま死に急いでいるようなもので、逆に人生における明確な目標を持っている人はそのゴールへ向かって行動し、次は何をしたら良いかをしっかりと把握しています。

満足した人生を味わい尽くしたいならば1番大切なのは、自分はどんなストーリーを生き尽くすか、その物語をしっかりと把握する事だと思います。ちなみにこのストーリーはあなたの現状である必要は無いのです。
どんなストーリーを生きるのか生きたいのか?人に語って自分自身に語って、そうやってあなた自身を創造して、まるで舞台上の登場人物のようにストーリーを自分で作り理解して、素晴らしい人生を歩む話しを作って下さい。

と言う事で今日の話し、人生の終わりがやがて訪れることを認識する以上に、その最終段階でどんな人生を送ってきてどんな状態であるかまでを想像し、あなたのストーリーをしっかりと練って『これが私です』と言える生き方をしましょう。

昨日話したような悲観的…未来を暗く悲観的に見て的中させ保険とか弁護士の仕事は得意だけど全然楽しくない生き方じゃなくて。

あなたの人生のストーリー考えてみて下さいね。

1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x